男の人

手間のかかる作業はマンション管理会社に任せよう

男性

業者に全てを任せる仕組み

契約によって定められた期間は業者に全てを任せられるのが一括借り上げの仕組みであり、期待できる賃料の総額から賃料が計算されて支払われます。管理業務は全て任せてしまい、収益が得られている限りは通常は継続できて簡便な経営方法です。

マンションの管理を委託

婦人

管理事務を代行してもらう

マンションを管理するのは管理組合ですが、管理事務などの煩雑な仕事をマンション管理会社に委託することが可能となっています。なぜマンション管理会社に委託することを選ぶ組合が多いかというと、それだけ管理事務という仕事は難しくミスが多い仕事なのです。家賃収入とメンテナンスなどに伴う支出をしっかり管理し、数字を正確に出し続けることは難易度が高い事務仕事となっています。マンション管理業を行うことのできる業者は意外と数が少ないですが、登録されたマンション管理会社はそれだけ信用できる業者です。積極的に利用してマンション管理事務を確実に処理していくようにしていきましょう。コスト面で不安になる人も多いですが、ミスがなくなるということを鑑みれば結果的に低コストとなります。マンション管理会社は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律第44条の登録を受けなければ認可されることはありません。正式に認可されている業者を利用するように気をつけましょう。マンションは資産としてみた場合、定期的にメンテナンスを受けているかどうかがとても重要となります。何もしていないマンションはどんどん劣化していき、資産価値はどんどん下がっていくのです。資産としての価値を維持していくためには補修を実施するべきですが、その予算は家賃収入から出てきます。そういった面で考えてもマンション管理会社と契約することはメリットが大きいといえるでしょう。

マンション

賃貸経営の新しい保証制度

土地活用で最も多いのがマンション経営です。毎月安定した収入が得られますが、リスクは家賃滞納です。そのために入居者には連帯保証人を求めるわけですが、最近は家賃債務保証制度を導入する賃貸物件が増えています。これは連帯保証人の代わりに保証会社が保証する制度です。入居者にもオーナーにもメリットがあります。

模型

サブリース契約のメリット

マンション経営は家賃収入があるので安定した投資法です。リスクは空室の発生です。その対策として利用されるのがサブリース契約です。オーナーが不動産管理会社と一括借り上げの契約を結びます。入居者は管理会社と契約することになります。そのため空室が発生した時も家賃保証されるというメリットがオーナーにあります。