豚の貯金箱

手間のかかる作業はマンション管理会社に任せよう

業者に全てを任せる仕組み

男性

簡便な経営方法

賃貸経営による利益を得るのが不動産投資の原則ですが、一括借り上げという仕組みが存在しています。これは業者と契約を結ぶことによって一定期間は全ての経営に関わる業務を任せてしまえるものです。賃貸物件をそのまま全て借り上げてもらい、経営を行ってもらうという仕組みから一括借り上げという名前が付けられています。細かな流れは業者によって異なりますが、業者に経営の全てを任せられるという点では共通しています。家賃額と契約期間を設定して入居者を募集し、定められた契約期間は入居者が出入りしたとしても契約で定められた金額の賃料を業者から払ってもらうことができます。契約内容によって賃料には違いがありますが、多くの場合には経営状況に依存せずに一定金額の賃料を貰い受けることができるのが特徴です。最初に決めた家賃額に基いて満室になった場合の家賃総額の数割を業者側の利益幅として確保し、残額が全て賃料として支払われることになります。一括借り上げの期間として定められている間は経営に必要な管理業務は全て業者に任せてしまうことができ、定期的な経営報告を受けて必要に応じて賃料や家賃の改定、修繕の実施などを行うだけで経営ができます。契約期間が過ぎた場合にも収益が得られている限りは契約を継続できる仕組みになっている場合が多く、価値が高いと期待される物件を手に入れて一括借り上げを行えば何十年という期間で契約を継続できる場合もあるでしょう。