豚の貯金箱

手間のかかる作業はマンション管理会社に任せよう

賃貸経営の新しい保証制度

マンション

連帯保証人より確実な保証

遊んでいる土地を持っていると毎年のように固定資産税を支払うことになります。土地は有効活用をすれば節税になりますし、資産を増やすことができます。土地活用で最も安定した投資法と言われているのが賃貸経営です。特に安定した収益を得られるのがマンション経営です。マンション経営を行う場合のリスクが家賃滞納です。そのために入居者には連帯保証人を求めるわけですが、最近は家賃債務保証制度を導入するケースが増えています。家賃債務保証というのは保証会社が連帯保証人の役割をする制度で、入居者は保証料を支払って保証会社に保証人になってもらうのです。家賃債務保証制度のメリットは入居者が連帯保証人を探す難しさをクリアできる点です。最近は核家族化や人間関係の希薄さによって、連帯保証人を頼みづらくなっています。しかし家賃債務保証制度を導入している賃貸物件なら、気軽に入居できます。マンション経営をするオーナー側にとっても、家賃滞納や夜逃げなどの事態が発生した時に保証会社がすぐに滞納分を支払ってくれるという安心感があります。連帯保証人の場合は滞納分の催促をするとトラブルになる事例が多かったのです。最悪の場合は訴訟になることもあったのです。その点、家賃債務保証制度を導入すれば安心して経営することができます。このように入居者にとってもオーナーにとってもメリットがあるので、今後の賃貸経営ではますます家賃債務保証制度が導入されていきます。