豚の貯金箱

手間のかかる作業はマンション管理会社に任せよう

サブリース契約のメリット

模型

安定した家賃収入を確保

マンション経営は安定した投資法として人気がありますが、唯一のリスクが空室の発生です。マンション経営は株投資のように大きく儲けることはできませんが、毎月家賃収入があるので長期的な運営ができます。ただし空室が発生すると家賃収入がなくなるので、その点の対策が必要になります。空室対策として利用されるのがサブリースという方法です。これは空室が出た時でも家賃保証されるというメリットがあります。通常マンションのオーナーは入居者と契約を結びますが、サブリースの場合は不動産管理会社と一括借り上げの契約を結ぶのです。つまり入居者は不動産管理会社と契約して部屋を借りるというシステムです。このため空室が発生した時も、不動産管理会社はオーナーに家賃保証をすることになります。オーナー側のメリットは家賃保証があるので、空室の発生に怯えなくてもすむという点です。不動産管理会社のメリットは、毎月の家賃収入の3割とか2割といった契約料が得られるという点です。もしも空室が出た時には募集をかけることになりますが、このような作業もオーナーはする必要がないのです。全てを不動産管理会社が行います。そのため他に副業を持っているオーナーにとっては、サブリース制度を利用した方が仕事に集中できます。このように家賃保証があるサブリースはマンション経営をするオーナーに有利な制度ですが、空室が多く発生すると思われるマンションでは契約できない場合があります。